【2015 J1リーグ 1st 第8節】久々の…

家からの距離も近いので、ここ2年間は日産スタジアムのアウェイゲームには足を運んでいたが、今年は(祝日ではあるが)水曜日のナイトゲームということもあり、断念しTV観戦した。

試合の立ち上りは、前線の選手がいつもよりもプレッシャーをかける入りを見せるも、上手くかわされて早い時間に失点。ただ、その後は徐々にペースを取り戻し、27分にミカの絶妙なパスをドウグラスが落ち着いて決めて同点。その後も前半終了まで完全に広島の時間が続いた。後半に入っても広島の勢いは衰えなかったが、なかなか得点には至らない状態が続くと、横浜FMは63分に中村俊輔を投入して状況の打開を試みる。その直後、広島も浅野の投入を準備するが、交代直前のセットプレーでエースがゲームを動かす。水本の打ち損じのシュートを相手GKが弾いたところを見逃さず押しこむという「らしい」ゴール。寿人は開幕戦依頼となる久々の得点で勝利をもぎ取った。(試合結果:サンフレッチェ広島 2-1 横浜F・マリノス、得点者:ドウグラス、佐藤寿人)

横浜FM戦に関していうと、昨年観戦したゼロックス杯での勝利はあったが、リーグでは久々の勝利ということで無理してでも見に行っとけばよかったかなと、ちょっと後悔。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+